INTERVIEW

社員インタビュー

受講生の人生に本気で向き合うのがインフラトップのキャリアアドバイザーです。受講生の人生に本気で向き合うCAの仕事

J.Tさん

受講生の転職活動に寄り添う

2019年にインフラトップへ入社。
キャリアアドバイザー(以下、CA)として、DMM WEBCAMPの受講生に面談やキャリア相談を行う。専門的知見でアドバイスし、生徒さんの転職成功をサポートする。現在、CAチームリーダーとして、メンバーのマネジメント業務も行っている。

「受講生の人生ファースト」を貫く
キャリアアドバイザーの仕事

面談の種類はいくつかあるのですが、中でも「Will Can Must面談」というキャリアの軸を導き出す自己分析のコンテンツには特にこだわりを持っています。生徒さん一人一人の生き方を分析・本質的な欲求を見つけるコーチングを行っており、目先の転職を成功させるだけでなく、スクール卒業後も個々人が望むキャリアを見据えた行動ができるよう、後押ししています。

CAチームは、「頼ってくださる方を、絶対に幸せにする」という信念を全員が持っていて、利益よりも生徒さんの人生ファーストで動くことが尊重される組織です。
どんなに時間がかかっても転職が成功するようにアドバイスを続けていきますし、その方の為になるのであれば、嫌われ役になって厳しい意見を言うこともあります。

CAの業務には根気が必要となるのですが、その分生徒さんが転職に成功した時は、毎回本当に嬉しいです。特に「担当が髙橋さんでよかったです」というお言葉を頂けたときには、何にも変えがたい幸せを感じます。

インフラトップに入社を決めた理由は何ですか?

本当にお客さんの為になる仕事をするために、選んだ会社

インフラトップの面接で出会った人たちの熱量や能力の高さが忘れられず、「この会社の人となら、人の為に仕事をする人間として絶対成長できる」と確信できたことが入社を決めた理由です。

学生時代は商学部で会計の勉強をしていました。簿記の資格が活かせる金融業界で就職活動をしていましたが、「利益最優先ではなく、お客さんの為に仕事がしたい」という想いがあり、利益追求を第一目的としない信用金庫に、新卒で入社しました。信用金庫の様々な部署で働きましたが、営業の部署で中小企業の経営再建をサポートし、地域のお客さんと徐々に関係性を深めていける仕事に特に楽しさを感じていました。一方で、お客さんにとって有益ではない金融商品を売らなければならないこともあり、「本当にお客さんの為になる仕事がしたい」気持ちが強くなりました。
また、仕事に疲れ果てても、会社を辞める決断ができない同僚達を見て、「勇気を持って新しい世界に飛び込めるよう、チャレンジを後押しする存在でありたい」と思うようにもなりました。

次第に転職を考えるようになった時、知人の紹介でインフラトップのことを知りました。
長谷川(取締役)と会った時に、事業への熱い想いや会社の展開を、私の為に包み隠さず話してもらい、心動かされたことを覚えています。
他にも十数社の選考を受けましたが、インフラトップの面接で出会った人たちの熱量や能力の高さが忘れられず、「この会社の人となら、人の為に仕事をする人間として絶対成長できる」と確信できたことが入社を決めた理由です。

もっと多くの人に「最高の人生」を歩んでもらいたい

今後はより多くの方のチャレンジを後押ししていきたいですし、キャリアアドバイスの質を高めて、担当する生徒さんをより魅力的な人物に仕上げていきたいです。
今まで思ったような人生が歩めなかった方でも、「DMM WEBCAMPのキャリアサポートを受ければ、諦めずに人生を変えられる」そういうサービスにしていきたいと思っています。

同時に「キャリアサポートができるCAをもっと増やしたい」という想いがあります。CAは人の人生に関わるのでミスが許されず、人間力を磨き続けなければならない難易度の高い仕事です。さらに、人の為にどこまでも頑張れる献身的精神や情熱も必要となります。
しかし、日本中にCAが増えれば人生をより良いものにできる人が増えていきます。キャリアアドバイスという技術を広めていき、最高の人生を送れる人を増やしていきたいです。